プリント基板の製品化まで

プリント基板の製品化まで

プリント基板の製品化まで 電子機器に欠かせないプリント基板は電子部品を実装するためのボード、アートワークと呼ぶ電気の流れる道が設けてあります。電子部品はランドと呼ぶアートワーク内で半田付けを行って固定してあり、アートワークは電子回路に基づきレイアウトを行って製作を進めることになります。基本的には、電子回路通りにアートワークを製作、すべての電子部品をプリント基板上に実装する事になりますが、プリントパターンに応じて電気特性が変わる、ノイズが発生する、発振するなどの電気的なトラブルが起きることも少なくありません。

ノイズや発振は電子機器への影響を与えるなどからも、テストを繰り返しながら、プリントパターンの引き回しを変更、部品位置を変えるなどが必要になります。さらに、電子部品の追加および削除を行うなど、試作品を何度も製作する、その都度テストを実施し、トラブルが亡くなるまで繰り返す必要があります。それ故に、プリント基板の製作には手間や苦労が絶えません。

プリント基板には表面処理が施され腐食しないようになっています

プリント基板には表面処理が施され腐食しないようになっています プリント基板と言えば、家電類を分解した時などによく見かけるものです。しかし一般家庭などにおいては、家電を分解することはほぼ無いですし、それゆえに多くの人は見たことがないかもしれません。大昔の家電なら故障しても叩いて直したり、少し知識のある人なら中を開けて直してしまうといったこともあったかもしれませんが、最近の家電は昔のものとは違いコンパクトに、そして精密に作られていますし、プリント基板も含めて修理することは素人には全く無理です。そのため故障したら修理に出すか、古くなっていれば諦めて買い替えると思います。

ところで、プリント基板を見ると樹脂のような板の上に金属の配線が綺麗に配置されており、所々に部品も付けられています。金属はさびが出るため基板表面に腐食しないように表面処理加工がしてあります。これによって劣化しないようにしています。こういったことにより家電製品はそれ程頻繁には故障することもないのです。湿気やホコリなどに気を付ければ長持ちすることが多いです。

新着情報

◎2019/3/12

ユニバーサル基板の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

基板は自作も出来る
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

プリント基板の製品化まで
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

自動見積もりの活用例
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

試作用の基板の見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基盤 テスト」
に関連するツイート
Twitter

RT @noricoco: <RST個人受検始まりました> 基礎的基盤的読解力を測るリーディングスキルテスト(RST)、個人や塾で受検したいという要望が多いので、代ゼミさんと提携して、個人受検を始めました。 yozemi.ac.jp/rst/

同じ写真ですみませんが、基盤だけの簡単な音出しテストをしてみたら、音が出ないのでコンデンサーや抵抗を換えても音が出ずオペアンプを換えてみたら音が出た。オペアンプ1個オシャカになっていました。🙍 でも結果オーライでした。🙍 pic.twitter.com/l2G4URlVGh

メモリテストの結果は正常だったので恐らく原因は基盤の可能性が出てきた(;´Д`) あと数年は使うと言って半年前にバッテリーを新品に交換してぶっ壊れたDVDドライブを治してi7に載せ替えたのにまさか寿命が来るとはな(๑•﹏•๑`)ぷえ〜っ

Twitterマルコム(サメット)@smt_131517

返信 リツイート 6/19(水) 21:29

更生とか矯正は意味がないと統計で出ているので、なんちゃらテスト受けて修正の可能性が無ければ保健所で処理すれば問題ない。 おそらくテレビが情報基盤や金儲けの為にやってる活動家は、根拠もなく「人権ガー!」って言うんだろうけど(笑)

生産ラインとは言っても基盤やチップの組み立て部分から後ろの部分ですね。 デバイスの中身をセットアップし必要な物を入れ自動でテストし箱詰めして発送までの工程。正常系/異常+境界系/情報系/人間系/タイムライン/証左の設計,機材選定,トレーサビリティー,リカバーフロー及び必要なツール類の製造等

Twitterえんじに🐈にゃーん@uupaa

返信 リツイート 6/19(水) 10:26

となるともしかすると私のような戦略を考えるにはまだ未熟な人間は、むしろPine以外でもバックテストの環境を整える事(チャートではなくスクレイピング情報でトレードなど)や、データ(板情報など)を蓄積する基盤を作っておくことのほうが重要なのだろうか?

山形大学における基盤テスト - goo.gl/scholar/H6tMqj #ScholarAlerts

テストとはいえLEDを基盤に直結はどうかなー抵抗繋いでみるかと思いきやブレッドボードの使い方がわからない 一回休み(ちゃんと本のチュートリアルに従います…)

TwitterXtremeすみれArts@おとなのヒーローごっこ第二弾はそのうち/妖怪沼落とし@CyMuPe

返信 リツイート 6/17(月) 23:00

複利モデルの覚悟。新規顧客獲得ではなく、既存顧客の満足度向上にどれだけ投資できるか 覚悟を持たせる為のデータの可視化やアクションのしやすさなどの基盤を用意するのが私たちエンジニア 生涯 A/Bテストし続け 次のアクションにつなげる

Twitter三好隼人🐿( snaq.me | スナックミー )@miyoshihayato

返信 リツイート 6/17(月) 20:11

返信先:@chadokoro 問題はパッチの適用に毎回テストが必要なレベルでなんらかのトラブルにハマってるってことなんだよね。テスト時間っていうより、デリバリ(提供基盤)が整えられてないんだと思う。マニュアル作業が結構多いんじゃないかな。 デプロイの簡略化の参考資料って日本語はなくて私もよく頭捻る部分なので。