試作用プリント基板に関する情報が満載!

試作用のプリント基板の発注の納期はどれぐらい?

試作用のプリント基板の発注の納期はどれぐらい? 試作用のプリント基板を業者に発注した場合、納期にどのくらいの日数がかかるかは業者によって異なります。
もし急いでいるのであれば、短期間で請け負い可能な業者を利用すると良いでしょう。
国内には多数のプリント基板製造業者が存在していますが、最短1日で請け負い可能な業者も存在しています。
これならば、すぐに試作品が必要である場合でも需要を満たすことができます。
試作を積極的に取り扱ってくれる業者であれば、1枚からでも注文に応じてもらうことができますし、料金設定も安さを追求しているところならば短納期で納めてもらえるだけではなく、コストも抑えることが可能です。
国内の業者なら海外業者を利用するより速く届けてもらえますが、料金が少し高くなる点が気になる所です。
しかし、国内業者でも低価格を追求しているところならば、安価な海外業者にも負けず劣らずのところも少なからず存在していますので、見積もりを出してもらうなどして比較してみましょう。

試作用のプリント基板を短納期で依頼するときにかかる期間

試作用のプリント基板を短納期で依頼するときにかかる期間 プリント基板の納期は基板の規模や数量のほか業者によっても異なりますが、簡素な基板で試作品のように枚数が限定されているケースでは、短期間での納品を実現している業者も存在します。
材質がFR4の場合、納品まで1週間から10日程度を要するのが一般的ですが、一部の業者ではパターン配線が片面もしくは両面のみの簡素なプリント基板であれば1日、4層基板でも2日から3日程度での納品が可能です。
リジッド基板もほぼ同様で、片面や両面のみのタイプは1日、10層までの基板であれば最短で4日程度が一般的です。
フレキ基板はこれらより若干日数を要し、片面基板は2日程度必要とするほか両面基板は4日程度、多層であれば1週間程度となっています。
短納期になるほど料金設定がやや高くなりますが、予算に余裕があり緊急に製造が必要な場合は最適です。
より短期間の納品を可能とするためには、回路図データや設計指示書等の各種資料は不備の無いよう事前に揃えておく必要があります。

新着情報

◎2019/3/12

ユニバーサル基板の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

基板は自作も出来る
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

プリント基板の製品化まで
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

自動見積もりの活用例
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

試作用の基板の見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 業者」
に関連するツイート
Twitter